東京芸術大学百年史 東京美術学校篇


東京藝術大学美術学部は創立100年となる昭和56年より大学史の編纂事業を進め、これまでに『東京美術学校篇』3巻および別冊『上野直昭日記』1冊、『美術学部篇』1巻、『大学篇』1巻を刊行してきた。このページでは、これらの大学史刊行物のうち、最初に刊行された『東京美術学校篇』全3巻のPDF複写を公開する。美術学部の前身である東京美術学校の設立(明治20年)前夜から大学発足後の廃校(昭和27年)までを収録している。ここには、単に一大学の沿革にとどまらず、日本の近代美術史および芸術教育に関する貴重な情報がふくまれている。

*このアーカイヴズは

第1巻(財団法人芸術研究振興財団/東京芸術大学百年史刊行委員会 編、ぎょうせい、昭和62年)

第2巻(財団法人芸術研究振興財団/東京芸術大学百年史刊行委員会 編、ぎょうせい、平成4年)(準備中)

第3巻(財団法人芸術研究振興財団/東京芸術大学百年史刊行委員会 編、ぎょうせい、平成9年)(準備中)

の全ページをインターネット公開するものである。
*公開にあたり財団法人芸術研究振興財団に許諾をいただいた。記して感謝申し上げます。

第一巻 (PDFリンク) ページ
中表紙  
口絵  
ごあいさつ i
東京芸術大学百年史刊行にあたって ii
奥付 iv
凡例 vi
目次 vii
はじめに 1
 
第一章 東京美術学校創立前史 3
第一節 明治前半期の美術及び美術教育明治維新後の伝統美術の衰退 5
明治初期の洋風美術と図画教室 8
明治初期の美術行政 19
内国勧業博覧会の美術 20
龍池会 22
フェノロサと『美術真説』 24
内国絵画共進会 28
東洋絵画会 29
鑑画会 29
狩野芳崖 30
 
第二節 美術学校設立運動の背景美術局設立運動 32
東京美術学校回顧談(今泉雄作) 41
岡倉覚三 47
明治十七年の古社寺調査 48
 
第三節図画調査会図画調査会の概要 51
図画調査報告 53
 
第四節図画取調掛図画取調掛設置 61
図画取調掛と美術学校設立準備 64
第二回鑑画会大会 68
明治十九年の古社寺調査 71
加納鉄哉・竹内久一 73
第五節欧米美術視察フェノロサ・岡倉覚三欧米派遣 75
岡倉覚三の「欧州視察日誌」 78
鑑画会における帰国報告講演 82
視察中の購入図書・写真 91
フェノロサ・岡倉覚三不在中の図画取調掛 94
妙義山地取 94
悲母観音 95
前田家蔵能衣裳模写および行幸、行啓 99
 
第二章 東京美術学校設置より開校に至るまで 101
第一節東京美術学校設置 103
 
第二節学校方針の決定に至るまで 104
 
第三節制度・組織の編成商議委員規定 107
職員の人選 107
明治二十一年末現員表 109
芳崖の死去 109
 
第四節古社寺宝物調査への参加調査における東京美術学校職員 110
臨時全国宝物戸調局 111
 
第五節規則の制定 111
東京美術学校規則制定 112
 
第六節用地および校舎東京教育博物館 119
上野選定 120
 
第七節生徒募集、開校募集方法 124
第一回入学者選抜学科試験答案 125
 実技試験 127
 鉛筆画と毛筆画 128
 地方特選 129
 第一回入学生一覧 130
開校 131
 
第三章 草創期 明治22年〜同26年  
 第一節 明治22年東京美術学校第一年報 135
解説別冊規則 138
 制服、制帽 138
 学術研究 141
 第二回生徒募集 141
 職員等 143
 臨時試験 145
関連事項①草創期の逸話 146
 関連事項②帝国博物館設置 152
 関連事項③『国華』創刊 153
 
第二節 明治23年東京美術学校第二年報 154
解説規則改正 167
 学科過程 167
 卒業制作 168
 入学在学及退学規定 168
 研究科規定 169
 フェノロサ解雇 169
 専修科授業開始 169
 職員辞令関係事項補遺 170
 教諭を教授と改称 172
 臨時試験 173
関連事項①「説明 東京美術学校」 174
関連事項②楠公銅像・依嘱製作事業の開始 177
関連事項③帝博の模写、模刻事業と本校 181
関連事項④職員定員の制定 188
関連事項⑤「生徒心得」の改正 188
関連事項⑥明治23、24年当時の本校職員及び生徒 189
関連事項⑦帝室技芸員 192
関連事項⑧内国勧業博覧会 192
関連事項⑨隅田川盃流しの宴 193
 
第三節 明治24年東京美術学校第三年報 194
解説校長代理 199
 故小川松民 199
 後藤貞行出張、依嘱制作 199
 遠足 199
 校友会発足 200
 松方伯爵銅像 201
関連事項①官制 202
関連事項②両大臣の楠公像視察 202
関連事項③日本青年絵画協会の発足 202
関連事項④美術学校予備校(美術講習所、共立美術学院) 202
 
第四節 明治25年東京美術学校第四年報 205
解説規則改正 218
 鋳金科設置 218
 閣龍世界(コロンブス)博覧会 218
 本邦家屋(「鳳凰殿」) 219
 校友会建物 222
 西郷隆盛銅像 222
 日蓮聖人銅像雛形 224
関連事項①25年度経費と校長譴責 224
関連事項②ババリヤ万国美術展覧会 225
 
第五節明治26年東京美術学校第五年報 226
解説楠公銅像木型 231
 第一回卒業式 232
 岡倉校長の清国出張 232
 岡崎雪声の渡米 232
 
第四章 発展期 明治27年〜同31年 235
第一節 明治27年東京美術学校第六年報 237
解説生徒成績物展覧会・校友会臨時大会 243
 西洋室内装飾木組及諸張付彩画 247
 山名貫義の起用 247
関連事項①「28年度本校経費之義二付上申」 248
 関連事項②分期教室制 249
 関連事項③「美術教育施設二付意見」と岡倉覚三の本校拡張計画 251
 関連事項④京都高等美術学校および美術院奈良分院設置計画 268
 関連事項⑤明治27年10月3日、故狩野芳崖、故小川松民両先生追善会挙行 276
 関連事項⑥『錦巷雑綴』創刊 278
 関連事項⑦明治27年補遺 284
 
第二節 明治28年東京美術学校第七年報 286
解説鍛金科設置 292
 第四回内国勧業博覧会への出品 294
 課外講義・近世美術展覧会等 295
 生徒募集 297
 生徒成績物買上げ 298
 岡倉天心出張 300
関連事項①意匠研究会(遂初会) 300
関連事項②懸賞仏画募集 305
関連事項③校友会記事 306
 
第三節 明治29年東京美術学校第八年報 309
解説規則改正 312
 図案科設置 317
 西洋画設置 319
 課外講義・近世美術展覧会 333
 承和楽置物 334
 修学旅行 9月11日 334
関連事項①彫金科の意見書 334
関連事項②日本絵画協会創立と本校日本画教授陣の刷新強化 336
関連事項③卒業生会結成 338
 
第四節明治30年東京美術学校第九年報 340
解説中尊寺金色堂内装飾髹漆修繕 342
 善那(ジェンナー)銅像 343
 和田英作の依願免官 343
 長沼守敬の解嘱 343
 福地復一の依願免官 344
 岡田三郎助の留学 344
 大村西崖辞職 344
 就学旅行 344
関連事項①進級、転科に関する内規 345
関連事項②「美術教育施設二付意見」 345
関連事項③制服改正 351
関連事項④日本絵画協会第二回、第三回共進会 351
関連事項⑤彫刻教育改革運動および青年彫塑会結成 352
 
第五節明治31年東京美術学校第十年報 358
解説概況(教育改革) 365
 制服改正 369
 学術実地指導 370
 美術学校騒動と生徒 370
関連事項①学校参観記 370
関連事項②加納夏雄死去 372
関連事項③依嘱製作に関する嘆願書草稿 372
関連事項④美術学校騒動 373
関連事項⑤美術学校騒動関係資料 379
関連事項⑥精藝会 395
関連事項⑦日本絵画協会第四回、第五回共進会 398
 
第五章授業内容 399
(図版)臨画手本(木版画) 401
(図版)「臨画」および「臨模」授業成績(紙本墨画) 402
(図版)普通科「写生」 石膏レリーフ写生(紙本墨画) 404
(図版)普通科「写生」授業成績(紙本墨画、一部淡彩) 405
(図版)予備の課程「写生」授業成績(紙本墨画、一部淡彩) 406
(図版)「写生」授業成績(紙本墨画、一部淡彩) 407
(図版)「造型」授業成績 木彫手板 409
(図版)石膏手板 411
(図版)木彫手板(手本および成績品) 412
(図版)彫金手板(手本) 414
(図版)鍛金手板(手本) 415
(図版)鋳金手板(手本) 415
(図版)蒔絵手板(手本) 416
(図版)「図案」授業成績 417
(図版)美術取調委員の購入写真 419
(図版)講義関係資料 420
 
第一節 基礎教育−特にフェノロサ在職中の教育について 425
 
第二節 専門教育(実習授業)絵画科 433
彫刻科 439
彫金科 447
鋳金科 450
鍛金科 452
漆工科 452
図案科 460
 
第三節 学科授業フェノロサの「美学及び美術史」講義 464
岡倉覚三の「美学及び美術史」講義 466
 1美学講義 467
 2日本美術史講義 468
 3西洋美術史講義 469
福地復一の東洋美術史講義 476
森鷗外、後藤貞行の「美術解剖」講義 477
 鷗外の「美術解剖」講義 478
 後藤貞行の「美術解剖」講義 480
黒川真頼の「歴史」講義 492
今泉雄作の「歴史及び古物楽」講義 494
川崎千虎の「考古学」講義 494
関保之助の「考古学」講義 495
加納夏雄、黒川真頼の「金工史」講義 495
伊東忠太の「建築装飾術」講義 496
黒川真頼、長尾雨山の「和漢文」講義 497
今泉雄作の「図案法」講義 497
「理科及び数学」講義 498
「幾何画法」・「透視画法」・「用器画法」・「遠近法」講義 499
「応用化学」講義 500
「授業法」(教育学)講義 500
 
附表 503
人名索引 503