当センターの活動理念

当センターは、1887年(明治20)に設立した東京美術学校から現在の東京藝術大学美術学部に関係した記録文書、教職員・卒業生および関係者から寄贈された大学史関連資料を保管しています。これらは本学の歴史にとって貴重であるばかりか、日本の近現代美術史を研究するための重要な基礎資料でもあります。私たちは受け継がれた資料を維持管理することはもちろん、これらを活用した研究の活動拠点(センター)としての役割を果たしていきたいと考えています。



利用案内


〒110-8714 台東区上野公園12-8
美術学部 近現代美術史・大学史研究センター
FAX:03-5685-7820(月〜金、10:30〜16:30)

*祝⽇、年末年始、⼤学の休業⽇、入試等による入構禁止期間、整理期間等を除く

  • 資料閲覧について
    まず、資料の有無、閲覧の方法等について、お問い合わせください。閲覧には予約が必要です。直接来室されてもご覧いただけませんので、ご了承ください。

  • 資料の利用について
    当センター所蔵資料の複写・撮影、掲載、貸出等に関しては、「利用要項」をご確認ください。